【乾燥肌&敏感肌は要注意!】美容オイルは逆効果に!?そのワケは?

美容オイル 逆効果

 

 

ここ数年、美容オイルが流行っていますね。美容オイルとは、洗顔後たった一滴お肌に伸ばすだけで…

 

  • お肌を水分の蒸発から守ってくれる!
  • お肌のバリア機能をサポートしてくれる!
  • その後に使う化粧品の浸透を助けてくれる!
  • お肌を柔らかくしてくれる!

 

 

 

などといった美容効果を期待できる美容アイテムです。ご存知だとは思いますが、皮脂の大きな役割のひとつが「水分蒸発や外からの刺激からお肌を守ること」ですよね。

 

美容オイルの種類にもよりますが、多くの美容オイルは「お肌に馴染みやすい構造」をしているため、お肌に刺激を与えることなく「皮脂のかわり」となって働いてくれます。

 

だから皮脂の分泌量の少ない乾燥肌や敏感肌の方にとっては美容オイルはとってもありがたいアイテムなんですね。でもね、美容オイルって使いすぎると「乾燥肌・敏感肌を促進させてしまう可能性がある」っていうのはご存知でしょうか?

 

 

 

 

そもそも美容オイルって何?

美容オイルの効果

 

 

国内外の女優さんやモデルさんが愛用していることでここ数年話題になっている美容オイル。ホホバオイル・ココナッツオイル・スクワランオイル・オリーブオイルなどの美容オイルが雑誌やネットで取り上げられていますよね。

 

一般的に美容オイルとは動植物から抽出した天然のオイルで、お肌につけることを前提に製造されたオイルを指します。「食用オイルと何が違うの?」ってお思いの方もいらっしゃいますよね。

 

 

美容オイルと食用オイルの違い?

食用と美容オイルの違いは「不純物の有無」と「分子の大きさ」です。「美容オイル」はお肌につけることを前提に作られているため、お肌になるべく刺激を与えないように「刺激の原因となる不純物」をなるべく取り除き、分子を小さくしてお肌に馴染みやすいように製造されています。

 

逆に「食用オイル」は不純物を残したほうが味や香りが良くなるため、不純物はあまり取り除かないように加工され、お肌に浸透させる必要がないため分子は大きいままなんですよ。

 

 

 

使い方ですが、基本的にはクリームや美容液のかわりにお肌に馴染ませるだけです。ネットで口コミを調べてみると、

 

  • お肌が潤って乾燥を感じなくなった!
  • かさつきがなくなった!
  • お肌のかゆみが和らいだ!
  • メイクのノリが良くなった!

 

 

 

なんていう乾燥肌・敏感肌で悩む人達の喜びの声をたくさん見つけることができます。うん、確かに皮脂の分泌量の少ない方々にとっては、「皮脂の代わりとなる美容オイル」は魔法のアイテム。

 

「自ら分泌できないもの」を補うことで乾燥や刺激からお肌を守ってくれるんですから「乾燥や刺激から来るお肌のトラブル」を解消できるのは当然ですよね。

 

 

でも!

 

「私は美容オイルを多用するのはおすすめできません!」

 

 

 

確かに美容オイルは乾燥肌や敏感肌の方にとっては魔法のアイテムなんですけどね、実は美容オイルを使い続けることでお肌がどんどん弱くなってしまう可能性があるんですよ…

 

 

 

 

美容オイルが逆効果に?お肌を弱めてしまうワケ?

dollarphotoclub_33956957

 

 

先程もお話した通り、皮脂の役割のひとつは「外からの刺激・水分の蒸発からお肌を守ること」です。お肌は本来「自分のお肌を守る最高の美容オイル」を分泌する能力を持っているんです。皮脂を正常に分泌する能力が高い方は問題ないんですけど、

 

  • もともと皮脂の分泌量が少ない人…
  • 加齢の影響で皮脂の分泌量が減ってしまった人…
  • 間違ったお手入れで過剰に皮脂を取り除いてしまっている人…

 

 

 

などは「お肌を保護する皮脂膜」が形成できないため、乾燥・小じわ・かゆみ・ヒリつきなどの肌トラブルを抱えてしまうことになるんですね。つまり、皮脂膜を形成してお肌を保護するためには、皮脂を正常に分泌できるようにならなければダメなんですよ。

 

美容オイルは皮脂のかわりにお肌を保護してくれるため「お肌のトラブルからお肌を助けてくれる正しいお手入れ」と思いがちですが、「本当に正しいお肌のお手入れ」とは「皮脂を正常に分泌させられるようにすること」なんです。そういう意味では、

 

 

 

「美容オイルは《本当に正しいお肌のお手入れ》とは真逆…」

 

 

 

なんですよね。実は美容オイルを多用することで「お肌が自ら皮脂を分泌するチカラ」を弱めてしまうことになるんです。

 

現代人は昔の人に比べて体温調節が苦手になっているというのはご存知ですよね。本来は自分で体温の調節をできていたはずなんですが、クーラーなどの「勝手に快適な温度にしてくれる設備」の影響で「自ら体温を調節する機能」が衰えてしまったことが原因だと言われています。

 

美容オイルもこれと一緒。美容オイルを日常的に使用することで、

 

 

「あぁ、オイルがあるなら私は頑張って皮脂を分泌する必要はないのね。」

 

 

ってお肌が思ってしまい、皮脂を分泌することをやめてしまうんですよ。やめてしまうというより「皮脂を分泌する能力が衰えてしまう」と表現した方が適切です。

 

それでなくても乾燥肌や敏感肌の方は皮脂の分泌量が少ない状態なんですよ。美容オイルを使うことで、更に皮脂を分泌できないお肌になってしまうんです。

 

 

 

そうなると美容オイルの使用をやめた途端、またガサガサのお肌に戻ってしまうので、徐々に美容オイルが手放せないお肌へとなるんですね。使い続けなければお肌の調子が悪くなってしまうなんて、これが正しいお肌のお手入れだと思いますか?

 

 

こんなの「中毒」と一緒…

 

 

もちろん美容オイルを全否定するつもりはありません!私自身お肌が敏感になってしまった時には「外からの刺激」からお肌を保護するために美容オイルを使用することもありますし、皮剥けがひどいときには「糊」のような感覚でオイルを塗り、お肌が剥がれ落ちるのを防ぐといった使い方をすることもあります。

 

でも美容オイルを使うのは一時的なこと。毎日たくさん使うことでお肌が弱くなってしまうのを避けるために、日常的な使用は避けています。お肌の機能を正常に働かせるためには「与えるだけのお手入れ」は不十分ってことなんですね。

 

美容オイルは確かにお肌を守ってくれます。でもお肌は確実に中毒になっていくので頼りすぎは逆効果ですよ!

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク