【NG美容法】レンジで化粧水を温める!?「レンチン化粧水」ってヤバくない?

化粧水を温める

 

 

「化粧水をレンジで温めてからつける【レンチン化粧水】ってお肌に良い!」なんて情報がネットを中心に流れていますよね。化粧水をレンジで温めてから使うと化粧水がよく浸透してお肌の乾燥が解消されると言うことらしいのですが…

 

「その使い方、本当に大丈夫っていう自信はある?!」

 

 



レンジで化粧水を温めてから使う方法ってどんなもの?

Young women are put in hand lotion

 

化粧水の浸透を助けるということで話題になっている「レンチン化粧水」のやり方はとても簡単。使う分だけの化粧水を小皿に入れて7秒ほどレンジで加熱し、温めた化粧水をコットンに浸しお肌につけるというものです。

実際「毛穴が消えた!」「いつもよりお肌がしっとりする」なんていう使用者の声がSNSなどに多数アップされていますよね。

 

うん、効果はある模様。でも、お肌がしっとりして毛穴が消えるからって「お肌に優しい」とは限らないんですよ。「実際の効果の有る無し」ではなく、「化粧品メーカーが想定していない化粧水の使い方で安全性は保証されていますか?」っていう話なんです。

 

 

レンジで化粧品を温めることの何が問題??

レンチン化粧水

 

まず化粧水にはどんな成分が入っているかご存知ですか?1本の化粧水の中には様々な成分が入っていますよね。化粧水に含まれる成分には、

 

  1. 熱を加えても問題のない成分
  2. 熱に弱い成分・・・熱を加えることによって成分が壊れてしまう成分
  3. 熱を加えると変質してしまう成分・・・熱を加えることで成分が変化してしまう成分

 

この3つのパターンがあります。とりあえず「1.」は問題ないですよね。「2. 熱に弱い成分」はせっかくの化粧水に含まれる成分を存分に堪能できないという意味ではもったいないという話ですが、熱で成分が壊れてもお肌に悪影響がないようなら問題はありません。美白成分として化粧水に配合されているビタミンCは「熱に弱い成分」として知られていますね。

 

問題は「3.熱で変質してしまう成分」です。変質とは「性質が変わること」ですね。化粧水に配合されている成分はそれなりの役割があって配合されています。それはシミ・乾燥などの「お肌トラブルに直接働きかける成分」だったり防腐剤などの「化粧品を維持する成分」だったりと様々。

それらの成分にレンジで熱を加えることで成分の性質が変わる可能性があるんですが、めんどくさいことに「どの成分がどのように変わるか」は一つ一つ検証されていないんです。というのは、化粧水は特別な記載のない限り「高温多湿や直射日光の当たらない場所での保存」が基本。

 

 

この状態での保存に耐えられるように作られているため、わざわざ「レンジで熱を加えると成分がどうなるか」なんていう「本来の使用方法から外れた使い方」の検証までされていないんですよ。

「たった7秒の加熱だったら変質なんてしないんじゃないの?」なんて声も聞こえてきそうですが、問題は「少しの加熱で変質するかもしれないし、しないかもしれないけど確かめようがない」ってところなんです。アツアツにするわけじゃないからOKなんていう保証はどこにもありません。

 

つまりね、レンジで熱を加えた時「お肌に悪影響を与える成分に変質してしまうかどうかなんて誰もわからないってこと」ですよね…例えば、化粧品に配合される成分の中には保管方法や保管期間よっては変質してしまい、お肌に炎症を起こしたり色素沈着を起こしてしまう成分もまれにあります。

そういった成分を配合している化粧品にはきちんと注意書きされているはずですし、使用する側もそういった成分が入っていることを理解した上で使いますよね。

 

でも、メーカーさんが想定している範囲外での使用に関しては、どうなるかわからないんですよ。熱を加えて成分が変質したせいでお肌に炎症などのトラブルを引き起こす可能性は十分に考えられるんです。

「温めた化粧水を使ってすぐに顔がヒリヒリした」など、お肌の変化がすぐ分かる場合はまだマシ。怖いのは、使い続けることで色素沈着などを起こしてしまったり段々お肌が弱くなって炎症が起きてしまうといった「後からお肌トラブルが現れる」パターン。

 



 

例えばですよ、オロナインパックって本当に毛穴の汚れがごっそり取れるじゃないですか。でも実際はパックの力が強すぎて「剥がれてはいけない角質」まで取り除いているため、使い続けると毛穴がどんどん大きくなるっていうのは最近では常識になっていますよね。

今までお肌に良いって信じて使い続けていた人にとってみたら「どうしてくれるの!」っていう話ですよ。

 

これと一緒なんです。レンジで化粧水を温めて使うと毛穴は小さくなってお肌の乾燥も解消されたっていう事実があったとしても、化粧水を温めて使うことで成分に何らかの変化が起きてしまい「今後お肌に何かしらの悪影響を与える可能性」があるかもしれないんですよ。

もちろん、レンジで化粧水を温めるっていう方法以外にも「メーカーが想定している使い方」の範囲を超えた使い方で話題を集めている美容法ってたくさんありますけどね、正直絶対やめたほうが良いものがたくさんあるんですよ…

 

「化粧品メーカーが想定している使い方」以外の使い方をする場合には本当に注意が必要。SNSやネットの情報でマネしたいものがあっても、本当にお肌に悪影響がないのかしっかりと確認してから行うようにして欲しいっていうのが私の願いです。

 

 

化粧水をレンジで温めて使うって誰か安全性を検証してくれてますか?化粧品メーカーが想定している以外の使い方をしてお肌にトラブルが起きても誰も保証してくれませんよ…

 

 

 

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク