オリーブオイルクレンジングの効果はウソ!?その理由は?

オリーブオイルクレンジング危険

 

 

食用や化粧用のオリーブオイルを使ってクレンジングするという方法が一時話題になっていましたね。普通のクレンジングオイルよりもお肌に優しいとのこと。でもね、

 

「そんなことないのになぁ…」

 

っていうのが私の感想。一見お肌に優しそうなオリーブオイルクレンジング法ですが「実際お肌に掛かる負担」は大して変わらないんですよ、実は。じゃあ、何が問題なの?ってことですよね。

 

クレンジングオイルでクレンジングするのは何が問題?

オリーブオイルクレンジングのやり方

 

 

まずは「クレンジングオイルの問題点」についてご説明しますね。クレンジングオイルは短時間でメイク汚れをキレイに落としてくれるため、しっかりメイクをする方や時間をかけずにメイクを落としたい方の間で人気のあるクレンジング料です。

でもお肌に負担がかかるため使うのは好ましくないと言われていますよね。その原因はクレンジングオイルに含まれている界面活性剤の量。

 

メイクっていうのは油性のものが多く、油性のメイクを浮かせるために殆どのクレンジング料には油分が含まれています。でも油分って水ではなかなか落ちないですよね。つまり、メイクが油分で浮き上がっても、その後、「クレンジング料を水道水で洗い流そうとしてもなかなか落ちない」ってこと。

そこで登場するのが界面活性剤。界面活性剤は油分と水をなじませる役割があるんですよ。つまり、クレンジング料に含まれる油分でメイク汚れを浮き上がらせた後、界面活性剤で油分と水道水をなじませてることでは初めてメイクを顔の上から取り除くことができるということですね。界面活性剤はお肌から「素早くメイクを落とすためには欠かせない成分」とも言えるんです。

 

ですが。この界面活性剤…もう皆さんご存知だとは思いますがメイク汚れだけでなくお肌に必要な「潤い成分まで取り除いてしまうのが難点」なんですよ。お肌の潤い成分が少なくなってしまうと、乾燥・ニキビ・炎症・シミ・シワなどの様々な肌トラブルに見舞われてしまいます。

クレンジング料にはクリームタイプや乳液タイプなど様々な種類がありますが、中でもクレンジングオイルは界面活性剤の含有量が多いため特にお肌に良くないと言われているんですよ。

 

また、オイルクレンジングをした後は洗顔石けんなどを使って顔を洗う必要があると言われています。ダブル洗顔というやつですね。(本来ダブル洗顔は必要か?という問題点もありますが…またいずれお話しますね。)

なぜ、クレンジングオイルでダブル洗顔が必要かというと、諸説ありますがお肌に残ったクレンジングオイルのオイル成分を取り除くためと言われています。クレンジングオイルでお肌の潤い成分が奪われている上、更に洗顔料で顔を洗うと…もうお肌はカラッカラですよ。これがクレンジングオイルがお肌に悪いって言われる問題点なんです。

 

 

 

オリーブオイルでクレンジングする方法?

オリーブオイルでクレンジングする方法

 

 

そこで登場するのが食用や化粧用のオリーブオイルでのクレンジング。オリーブオイルにかぎらず、

 

  • スクワランオイル
  • ココナッツオイル
  • ホホバオイル

 

など様々なオイルがクレンジングに使われていますね。どのようにクレンジングを行うのかというと、オリーブオイルをたっぷり手に取り普通のクレンジングのようにお肌になじませてメイク汚れを浮かした後、濡らしたタオルやコットンで拭き取った後に洗顔料で洗顔します。

オイルは油性のメイクと馴染みやすいうえ、界面活性剤を含んでいないため「汚れはしっかり落ちるのにお肌の潤い成分を取りすぎないのでお肌にとても優しい」という一見理にかなったようなクレンジング方法なんですよ。

 

 

オリーブオイルクレンジングの問題点って?

adobestock_80767073

 

 

「じゃあ何が問題なの?」ってことですよね。確かにメイク汚れは浮き上がるし、界面活性剤をも入っていないのでお肌には優しそう…でもね、問題点は2つ!

 

【問題点1】コットンやタオルによる拭き取りで、結局は潤い成分は流れてしまうことになる!

界面活性剤がお肌の潤い成分を奪ってしまうことで肌トラブルが起きてしまいますが、お肌の潤い成分を奪ってしまうのは界面活性剤だけではありません。実はコットンやタオルでお肌を拭き取る際に角質に細かい傷をつけてしまうんです。

お肌って思っている以上に繊細。角質っていうのは潤い成分を溜め込んでいる重要な場所。「角質が傷つくということは潤い成分を十分に溜め込めなくなってしまうってこと」なんですよ。結局、界面活性剤入りのクレンジングオイルと変わらないってことなんですよね。

 

【問題点2】界面活性剤が入っていないため洗顔に時間がかかり潤い成分が流れてしまう!

オイルが水を弾くのはご存知ですよね。界面活性剤が入っていないオリーブオイルをコットンやタオルで拭き取っても、全てが落ちるわけではありません。

そこで洗顔料で顔を洗うことになるのですが、界面活性剤が入っていない分なかなか落ちないんですよ。だから時間をかけて丁寧に洗顔することになるんです。「洗顔に時間をかければかけるほど、お肌の潤い成分は流れていってしまう」ことに。

 

 

結局、オリーブオイルクレンジングでもお肌に必要な潤い成分は奪われることになるんですよ。ね、界面活性剤の量だけで見るとオリーブオイルクレンジングのほうがお肌に優しそうだけど、トータルで見てみると変わらないでしょ?!結局はトータルで見ないとお肌に優しいかどうかなんてわからないんですね。

 

オリーブオイルに界面活性剤が入ってないからってお肌に優しいとは限らない!実際お肌には負担がかかってますよ!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク