オロナインで涙袋や二重はできる!はウソ!じつは、とってもコワイ事実が裏側に!?

オロナインで涙袋

 

 

昔からなぜか各家庭に常備されていて「万能薬」的な扱いを受けているオロナイン。

最近では「オロナインパック」や「メイク落とし」など、オロナインの「効果効能から遥かに外れた使われ方」をして話題になっていますよね。

 

「でもね、これってすごく危険なことって気付いていますか?」

 

例えばオロナインで「涙袋」や「二重」ができるとネットで拡散されて、SNSなんかで「涙袋ができた!」「二重になった」なんて報告されているんですけどね…

 

 

「これ、ただの炎症ですよ!」

 

 

今回は「オロナインで涙袋や二重ができる」なんて言われているのは嘘っぱちっていうこと、そしてネットの情報を鵜呑みにするのがいかに危険な行為かってことをお伝えしますね。



オロナインで涙袋や二重ができるって言われている根拠?

オロナインで二重

 

 

誰が言い出した情報かはわかりませんが、オロナインで涙袋や二重ができるって言われているのはオロナインに「脂肪燃焼効果」があるからなんですって…

涙袋を作りたい場合、涙袋を作りたい場所の下にオロナインを塗りマッサージをすることで「オロナインを塗った場所のお肌が脂肪燃焼効果で痩せて涙袋を目立たせる事ができる」ということです。

 

二重の場合、二重ラインを作りたい場所に綿棒でオロナインを塗り二重ラインを痩せさせるということなんだそうです…

 

「はぁ!?何言ってるんですか?」って感じですよね。

 

 

じゃあ、実際にオロナインで涙袋や二重はできるの?

attractive asian woman on blue background

 

 

では実際オロナインで涙袋や二重ラインができたって言う人がいるのかというと…

 

「実際にいるんですよね、これが!^^;」

 

SNSなんかで写真付きで投稿している人がいるんですよ。確かに写真を見てみるとプクッと涙袋っぽいものができていたり、いびつだけど二重のラインができていたり。

 

「じゃあ嘘っぱちじゃないじゃん!」

 

そう思いますよね。でも最初に言った通り、嘘っぱちです!これ、涙袋でも二重でもないんですよ。もう一回言いますよ…「ただの炎症」なんです。

 



 

オロナインの副作用で炎症が起きてるだけ?

adobestock_102844039

 

 

そもそもね、オロナインには脂肪燃焼効果なんてないんですよ。誰がそんなことを言い出したのかはわかりませんが、オロナインの成分を調べれば簡単に分かること。

では、なんで脂肪燃焼効果が無いのにオロナインで涙袋や二重ができるかっていうとですね、先程もお伝えした通り「炎症」を起こしているだけなんです。

 

オロナインの公式サイトに載っている「オロナインの副作用」にはちゃんと「発疹・発赤・かゆみ・はれ・乾燥・ひびわれ」と明記されていますよ。

 

簡単にいうとオロナインを塗って「副作用」が起きてしまい、皮膚が腫れてしまったりハリが無くなったのを「涙袋ができた!」「二重になった!」って勘違いしているだけなんですよ。

その証拠にSNSを見ていると「オロナイン使ったけど涙袋できなかった…」って投稿している人もいますし。

 

つまりね、

 

 

「成功したと喜んでいる人は、残念ながら炎症を起こしてしまった人」

 

 

で、

 

 

「成功しなかったって悲しんでいる人は、ラッキーなことに炎症を起こさなかった人」

 

 

なんですね。

しかもね、炎症が起きていても涙袋や二重に見えているだけまだマシ。炎症の程度が重いと肌がボロボロになって目を開けづらくなったり、最悪皮膚科通いですよ。

 

もちろん、このままオロナインを使い続けると炎症がひどくなるのは目に見えています。

 

「でもオロナインを顔に塗っても炎症なんて起こしたことは無いよ!」

 

そういう方だって炎症を起こすことは十分に考えられます。頬やアゴなどの皮膚に比べて、目の周りって皮膚が薄くて繊細な場所なんですよ。

よく考えてみてください…

 

 

 

「薬よりも成分の弱い化粧品なんかでも【目の周りは避けて使ってください】っていう製品が多いのに、そんな繊細な場所に塗って良いものじゃないんですよ!

 

 

 

そんな繊細な場所に本来の目的と違う使い方をして、しかも綿棒や指でグリグリと!そりゃあ、お肌も炎症を起こしますよ!炎症が起きなかった人はただただラッキーだったんです。

「神様にお礼を言っといてください」って感じなんですね^^;

 

 

最後に、まとめますね。

 

オロナインで涙袋や二重なんてウソっぱち!それは「ただの炎症」だということに気が付きましょう!

 

 

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク