ブラシ洗顔の効果はウソ!?裏に潜む怖い真実!

ブラシ洗顔は危険

 

 

メイク汚れや毛穴の汚れがキレイに取れると話題の「ブラシ洗顔」ですが、お肌への負担が大きいってご存知ですか?

 

確かに汚れはキレイに取れるような気がするし、普通に洗顔するよりもお肌がツルンと一皮むけたような気がしますけどね…でもね…

 

「使い続けるとお肌にとって負担になってしまうんですよ!」

 

ってことですね。今回は、それについて詳しく説明しますね。

 



ブラシ洗顔ってどんな洗顔方法?

ブラシ洗顔

 

 

ブラシ洗顔とは名前の通り、「洗顔ブラシ」を使って顔を洗う方法のことです。「泡立てた洗顔料」と「洗顔ブラシ」を使って洗顔をすることによって、

 

  • お肌を均一に洗顔できる(洗いムラがなくなる)
  • ブラシの刺激でマッサージ効果が得られる
  • 毛穴の汚れをかき出してくれる
  • 余分な角質が取れてお肌がツルツルになる

 

なんていう効果が得られるということで話題になっていますよね。ネットで口コミを検索してみると、

 

 

「手で洗うより汚れがキレイに取れている気がする!」

「一回の洗顔でお肌がツルツルになる!」

 

 

なんていう口コミを多く見かけます。「実際効果があるならちょっと使ってみたいな…」って思ってしまうのもうなずけますよね。でもね、お肌が実際にキレイになるからといって「お肌にとって良いこと」とは限らないんですよ。

 

 

「ん?どうゆうこと?!」

 

 

つまりね、洗顔ブラシで得られるきれいなお肌は「一時的なもの」だって言いたいんですよ。洗顔ブラシはお肌に負担をかけてしまい、洗顔ブラシを使い続けることでゆくゆくはお肌をボロボロにしてしまう可能性があるっていうことをお伝えしたいんです。


洗顔ブラシが危険なワケ?

洗顔ブラシは危険

 

 

洗顔ブラシが危険な理由はたった一つで、それは…

 

 

「お肌に傷をつけてしまうこと!」

 

 

ブラシで傷がつくといっても目に見えるような傷がつくわけじゃないんです。すっごく小さくて痛みも感じないような傷なんですよ。

「そんな目に見えないような傷なら放おっておいて良いんじゃないの?」なんて思われる方もいるかもしれませんけど、この小さな傷が大問題!

 

お肌には「皮脂」や「水分を溜め込む成分」などの「バリア成分」というものがあるんです。バリア成分が正常に機能することで、お肌は外からの刺激や水分の蒸発から守られているんですよ。

このバリア成分が正常に機能することでお肌は健康でキレイでいられるんです。逆にこのバリア成分が少なくなってしまうと、

 

 

  • お肌が乾燥する
  • シミ・シワ・たるみができる
  • お肌が敏感になる
  • ターンオーバーが乱れる
  • 毛穴が詰まりやすくなる
  • 大人ニキビができてしまう
  • お肌の乾燥が原因で皮脂の過剰分泌が起きる

 

 

などの肌トラブルに見舞われてしまうんです。そしてこのバリア成分が少なくなってしまう原因の一つが「間違った洗顔方法」なんですよ。間違った洗顔方法とは、

 

 

  • 「洗顔のしすぎ」
  • 「洗浄力の強すぎるクレンジングの使用
  • 「ゴシゴシ洗い」
  • 「スクラブ洗顔のしすぎ」など。

 

 

これらの洗顔はお肌のバリア成分を取り除くだけでなく、お肌に細かい傷をつけてしまいバリア成分を流出させてしまう洗顔方法なんです。

 

ブラシ洗顔の話に戻りますが、ブラシ洗顔はお肌に優しい柔らかい毛で洗顔するからお肌に傷はつかないって思っている人もいるんじゃないでしょうか?

 

 

「そんなことはありません!」

 

 

例えば、毎日使っているメイクブラシでもお肌には細かい傷がついてしまうと言われていますし、極端な話指でちょっと触ったりするだけでもお肌に負担がかかっていると言われているんですよ!

 

お肌ってすごく繊細なんです。本当にちょっとしたことで私たちには見えない傷ができてしまうんですね。私たちの感覚ではお肌に優しそうに感じるくらい柔らかなブラシでも、お肌には負担になっているんです。

 

 

「洗顔ブラシで洗顔するとお肌がツルツルになるっていうのがその証拠!」

 

 

実は洗顔ブラシを使って顔を洗うことでお肌がツルツルになるのは、汚れが取れているからじゃないんですよ。汚れっていうのはたっぷりの泡で洗顔すれば取り除けるものなんです。

 

でも、普通の泡を使った洗顔だとお肌はツルツルにはなりませんよね。お肌表面の古い角質を取っているからツルツルになるんです。この古い角質っていうのは本来ならお肌のターンオーバーがと共に自然に剥がれ落ちるもの。

でも年齢や体調によってターンオーバーが遅くなるので古い角質が溜まりやすくなってしまいます。そこで週に2回ほど、古い角質を取り除くために使われるのが「スクラブ洗顔料」なんです。

 

 

このスクラブ洗顔料は摩擦を利用してお肌に張り付いた「本来剥がれ落ちないといけない古い角質」を取り除くアイテム。摩擦を利用しているため古い角質が取れてお肌がツルツルになります。

でも、使いすぎると「まだ現役で働いてくれているお肌」に傷がついてバリア成分が流出し肌トラブルの原因になってしまうため、週2回以内の利用が望ましいとされているんです。

 

これってもう常識で、スクラブ洗顔を毎日する人なんていませんよね。

 

 

 

「いいですか!ブラシ洗顔ってスクラブ洗顔と一緒なんですよ!」

 

 

 

つまり、ブラシの摩擦で古い角質を取り除いているからお肌がツルツルになっているんです。そんな摩擦を毎日与えていては、「まだ現役で働いてくれているお肌」に傷をつけてしまうのは目に見えていますよね。

毎日のブラシ洗顔のせいで少しずつバリア成分が流出し、ある日、限界が来てお肌が悲鳴をあげるんです…

 

ブラシ洗顔でお肌がキレイになるのは事実。でもそれは一時的なこと!

毎日スクラブ洗顔をしているのと一緒なんだから、その後必ずお肌はトラブルに見舞われるってことなんですよ。

 

 

ツルツルになるからといって毎日使うなんて危険すぎ!ブラシ洗顔で毎日洗顔するなんてやめてください!あなたのお肌は傷だらけですよ!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク