手作りソルトスクラブで洗顔は危険がイッパイ!?

手作りソルトスクラブ

 

 

お肌がゴワゴワしている時に「スクラブ洗顔」をすると「一皮むけました!」っていう感じで、お肌が本当にツルンツルンになりますよね。このスクラブ洗顔料、

 

 

「家庭にあるもので簡単に作ることが出来る上コスパは最高!しかもお肌に優しい!」

 

 

ということで手作りする人が増えているんですよ。特にお塩を使って作る「手作りソルトスクラブ」は特にお肌がツルツルになると大人気なんです。

 

でもね、手作りのソルトスクラブって実は市販のスクラブ洗顔料よりもお肌を傷つけてしまう危険性が高いってご存知でした?「手作り」ってお肌に優しいイメージがあるんですけどね、そんなことないんです。

手作りソルトスクラブの使い方によっては「気がついたらお肌がボロボロ」なんてことになりかねないんですよ…

 

スクラブ洗顔ってそもそもどういう役割があるの?

スクラブ洗顔

 

 

スクラブ洗顔ってそもそもどういうものかご存知でしょうか?スクラブ洗顔とは「お肌表面に残ってしまった古い角質」を取り除くための洗顔方法。

本来、古い角質というのは新しいお肌に押し上げられて徐々に剥がれ落ちるものなんです。ですが、ターンオーバーが遅くなり、古い角質が剥がれ落ちずにお肌表面に留まってしまうとゴワゴワした手触りになりお顔全体がくすんで見えてしまうんですよ。

 

そこで「もう用済みの剥がれ落ちないといけない古い角質」をスクラブ洗顔料で取り除いてあげることでツルンとした新しいお肌が顔の表面に現れるっていう仕組みなんです。

つまりスクラブ洗顔料に含まれる種子や樹脂・ソルトやシュガーがお肌表面の古い角質や垢などをこすり落とすことでツルツルの新しいお肌が顔を出すってことなんですね。

 

 

 

手作りソルトスクラブってどんなもの?作り方は?

ソルトスクラブの作り方

 

 

スクラブ洗顔料はドラッグストアなどでも簡単に手に入りますが自宅でも簡単に作ることができます。材料は「古い角質を削り落とすもの&滑りを良くするもの」の2つだけ。

「古い角質を削り落とすもの」としてよく使用されるのは砂糖や塩、「滑りを良くするもの」はオイルや水・ハチミツです。中でも塩は「古い角質を良く落としてくれる」ということで人気の材料なんですよ。手作りソルトスクラブをお勧めしているサイトでは更に、

 

  • ミネラルがたっぷりと含まれているのでお肌に良い
  • 市販のスクラブ洗顔料よりも安く作ることが出来る
  • 市販のスクラブ洗顔料と違い添加物なども含まれていないのでお肌に優しい

 

といった「お塩(特に粗塩)でスクラブ洗顔料を作るメリット」を挙げています。手作りソルトスクラブの作り方や材料は様々ですが、一番簡単なのは塩を適量手に取り、水となじませてからお顔を優しくマッサージするというもの。

使い方も非常に簡単でお肌に優しく角質もよく取れる・・・使ってみたくなる気持ちもわかりますね。

 

 

 

でもやっぱり、ソルトスクラブは危険なんですよ!

dollarphotoclub_33956957

 

 

確かに古い角質はよく落ちますし、経済的なことも認めます。ですが…

 

 

「お肌に優しいというのは間違い!」

 

 

「添加物などが含まれていないならお肌に優しいでしょ?!」いえいえ、問題はそこじゃありません。問題は「古い角質以外にも傷をつけてしまう可能性が極めて高い」ってことなんです。

市販のスクラブ洗顔の使用頻度は「週2回以内」を目安に行うことが望ましいとされています。というのもスクラブ洗顔というのはお肌表面を擦って古い角質を取り除いているんでしたよね。週に2回以上行ったり強くスクラブで擦りすぎると古い角質を取り除くだけでなく新しい角質にまで傷をつけてしまうことになるんです。

 

角質っていうのはお肌のバリア成分を溜め込んでいるとても大切な場所。角質が傷つくことでお肌は徐々に「乾燥、炎症、色素沈着などのトラブル」に見舞われることになるんです。しかも、角質に傷がつくことでターンオーバーの乱れを引き起こしてしまい、古い角質が剥がれ落ちる邪魔までしてしまうという本末転倒っぷり。

ですから「化粧品メーカーはスクラブで角質に傷をつけないようになるべく角のないスクラブ剤を作ったりしているわけ」ですよ。それでもお肌には目に見えない細かい傷がついてしまうと言われています。で、手作りの場合はどうでしょう?

 

 

 

「粗塩?角まみれですね…」

 

 

 

そりゃ古い角質はよく落ちますよ。それだけ「角でお肌を削り取ってるってこと」ですから。その分間違いなくお肌に傷はついていますよ。どれだけ粗塩を水で溶かして角を取ったところであまり意味はありません。力加減をどれだけ弱くしても一緒です。

化粧品メーカーがお肌に傷をつけないように努力をして作ったスクラブでも細かい傷はついてしまうんですよ。水で溶かしたりする程度ではお肌を傷つけなくなるほど角が取れるわけないんです。

 

ね、お肌に細かいキズをつけてお肌を徐々にボロボロにしてしまうという意味では手作りソルトスクラブはお肌に優しい、なんて決して言えないんですよ。お肌に優しいどころか、むしろ「手作りソルトスクラブはお肌に厳しい!」といえるんですよ。

 

手作りソルトスクラブはお肌に優しいなんてことはありません。むしろ市販のものよりお肌に傷をつけてしまう可能性が大!

 

 

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク