知らないと危険!?オイルで角栓を取る方法がお肌にダメージを?

 

毛穴の汚れって気になりますよね。「特に鼻の黒いポツポツ!」メイクでも隠れないし、丁寧に洗顔しても取れないやっかいなヤツ…

 

毛穴パックで取るっていう方法が一番手っ取り早いんですが「毛穴パックはお肌を傷つけて毛穴汚れをどんどん大きくしてしまう」っていうのはもう常識。

 

そんな方法を選ぶ方はもういないと思います。

 

そこで毛穴パックに変わる「新しい毛穴汚れ対策」として話題になったのが「オイルで毛穴の汚れを取る」という方法。

 

このオイルを使った方法は、毛穴パックのようにお肌を傷つけることなく毛穴汚れが取れるってことで「お肌に優しい角栓取り」として話題になっているんですよ。

 

 

「でもですね、実際お肌は傷つきますよ…しかも毛穴汚れはそんなに取れません!」(汗)

 

 

だってオイルには毛穴汚れを溶かし出す成分なんて入ってないんですもん。

 

 

 

 

そもそも毛穴汚れは何からできているの?

オイルで角栓を取る方法

 

まず毛穴に詰まった汚れの正体って何なのでしょう?

 

この毛穴汚れの正体は「皮脂やホコリ・メイク汚れ・剥がれ落ちた古い角質」が混ざり合ってできたもので「角栓」と呼ばれています。

 

角栓の成分はクレンジング剤や洗顔石けんなどでは分解できないためどんどんたまっていくいっぽう。そして毛穴を押し広げて大きく成長していきます。

 

長期間お肌に留まった角栓は空気に触れることで酸化して黒く変色し、あの嫌な黒いポツポツになってしまうんですね。

 

 

 

オイルを使って角栓を取り除く方法?

 

洗顔石けんやクレンジング剤ではなかなか落としきれない角栓を落とす方法として注目を集めているのがオイルを使った角栓取り。

 

オイルで「オイル汚れ」が落ちるのは有名な話ですよね。角栓は皮脂や油性のメイク汚れの固まり。

 

オイルとの馴染みが良いため、「オイルでマッサージすることで角栓の油分を溶かし出す事ができる」っていうのがオイルを使った角栓取りの根拠のようです。

 

やり方も簡単で、準備するものもたった2つ。オイルと蒸しタオルです。オイルの種類についてですが、人間の皮脂に近いオリーブオイルやスクワランオイルをお勧めしているサイトが多いですね。

 

 

<オイルマッサージのやり方>

  1. 洗顔後蒸しタオルで顔を温め、毛穴をしっかりと開いた状態にします。
  2. オイルを500円玉大くらい手に取り、顔全体に伸ばします。
  3. 指先を使ってクルクルとマッサージをし、毛穴の中にオイルを馴染ませてください。
  4. 2分ほどマッサージをしたら蒸しタオルでオイルを拭き取り洗顔石けんでしっかりとオイル成分を洗い流します。

 

 

たったこれだけで角栓がすっきり取れるんだそうです。「だそう」と書いているのは、実は私自身がこの方法を試したことがないから。

 

だってね、まずこの方法だと角栓がそこまでキレイに取れることはないんですよ。しかも明らかにお肌に負担のかかる方法なんです。

 

仮に角栓が取れたとしても、それ以上にお肌に悪影響の出る方法なので私なら絶対に行いませんね!

 

 

 

 

オイルで角栓を取る方法がお肌に危険な理由?

 

私がお勧めしない理由は、

 

  • そもそも角栓はオイルでは落ちない!
  • この方法でもお肌が傷つき角栓をより大きくしてしまう!

 

 

この2点です。ひとつひとつ見てみましょう。

 

 

そもそも角栓はオイルでは落ちない!

角栓の成分は油分だからオイルで角栓を溶かし出すことができるというのが「オイルを使った角栓取り」の根拠ですが、実は角栓の成分の中で大きな割合を占めるのが古い角質(タンパク質)なんです。

 

その割合は実に7割!オイルではタンパク質を溶かし出すことはできません。

 

角栓の成分のうちの約7割はタンパク質なので、実際オイルで溶かし出せるのは多くて3割程度ということなんですね。

 

 

 

この方法でもお肌が傷つき角栓をより大きくしてしまう!

そもそもなぜ角栓ができてしまうのかというと、「ターンオーバーの乱れ」「クレンジングが不十分」など原因は様々なのですが、大きな原因のひとつとなっているのが「お肌の乾燥」なんです。

 

お肌が乾燥すると「これ以上の水分蒸発」を防ぐためにお肌は皮脂を過剰に分泌させてしまうという特徴があります。そしてお肌が乾燥すると毛穴は開き気味になってしまうんですよ。

 

乾燥によって過剰に分泌された皮脂が、これまた乾燥によって大きく開いてしまった毛穴にたまりそこにメイク汚れや古い角質(タンパク質)が混ざりあって角栓ができあがってしまうんです。

 

 

 

「オイルを使った角栓取り」では蒸しタオルを使って毛穴を開かせ、蒸しタオルでオイルを拭き取り、しっかりと洗顔をする必要がありますよね。

 

しかも実は、蒸しタオルって角質を傷つけてしまう可能性が高いんですよ。角質というのは水分を溜め込むとっても大切な場所。

 

この場所が傷ついてしまうと水分を溜め込めなくなり、お肌は乾燥してしまうため角栓を取り除くどころか角栓の成長を促してしまっているってことなんです。

 

 

 

オイルを使った後の洗顔についても問題が!

 

オイルを取るための洗顔って、お肌にとって必要な潤い成分まで取り除いてしまう可能性が高く、徐々にお肌を乾燥へと導いてしまうんです。

 

つまり、こちらもお肌の乾燥を促進させて角栓を大きくするお手伝いをしてしまっているってことなんですね。

 

蒸しタオル・オイルを使った後の洗顔の危険性については話すと長くなってしまうので、私が以前書いた記事を参考にしてみてくださいね。

 


参考記事 オリーブオイルクレンジングの効果はウソ!?その理由は?


 

 

どうですか?

 

お肌に優しいイメージの「オイルを使った角栓取り」ですが、けっきょくのところ角栓を大きくする手助けをしてしまうことになっているんですよ。

 

お肌に優しい角栓取りなんて嘘です!オイルを使った角栓取りで角栓がどんどんひどくなってしまう可能性大!!!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク